民族舞踊教育研究会の代表を40年近く務め、体育教師として生徒たちに民舞の楽しさを伝え、退職後も90歳を超えるまで精力的に民舞の魅力を伝え続けてきてくれた青木峰子さんは、今年3月より療養中でしたが、7月16日午後4時53分にお亡くなりになりました。享年94歳でした。

 民俗舞踊の本質について、私たちはたくさんのことを青木さんから学んできました。

青木さん、ありがとうございました。そして、長い間、お疲れ様でした。

「みんこい祭り」(2015年11月28日)「青木さん、米寿の祝い」にて


青木峰子先生を送る会のお知らせ

2023年1月21日(土)9時~12時

会場 和光鶴川小学校体育館

プログラム

追悼演舞

アイヌ古式舞踊 黒川さんさ踊り 園田エイサー

青木先生の動画とスライド

各団体からのお話し

締め切りは過ぎていますが、参加希望の方はお問い合わせください。

詳しくは下記案内をご覧ください


青木峰子さんを偲んで


     “今”を大切に、そして“前進を目指す心”を大切に 

青木 峰子

私たちは“舞い学び、踊り育つ”を目あてとし、日本各地に伝えられている芸能を教材として、子どもたちと向き合い、芸能の持つ豊かな内容の力を感じ取り、理解してもらうべく、自分たちなりに努力を続けて参りました。

50年と云う節目を迎え、今一度振り返り、見直し、更なる前進と充実を目指したいと考えています。

私は個人的には、創立当時には関っておらず、37年前中野七頭舞に出会い、民俗芸能の持つ、楽しさ、豊かさ、土地の人々の優しさに心いやされ、現在に至っています。そして、大森みかぐら、黒川さんさ、アイヌの踊り、沖縄のエイサーや竹富島の芸能、しし踊りの奥深い物語性、桃生町のお祭りでは、高校生位の男の子たちが町をはね歩く・・・。今別では、太鼓について歩きながら、町の坂上から眺めた美しい海の風景が今も心に残っています。

 

民俗芸能を踊る事によって得る様々な事柄を、広く深く心と体で受け止め、感じる事によって、自分自身の中により豊かな人間性を培うことが可能だと思います。“今”を大切に、そして“前進を目指す心”を大切に、日々精進することを子どもたちに伝え続けて行きたいと思っています。

          (民舞研研究誌「民族舞踊教育研究」第13号「創立50周年記念号」巻頭言より)


メール、SNS等に寄せられた言葉から

 大好きな、大好きな青木先生。私の父と同い年。いくつになっても、元気に踊られていて、スーパーな先生。そして優しい。いないなんて信じられない。悲しいけど、大往生ですよね。笑顔でお別れしないとですよね。(Yさん)

 本当にありがとうございました😭とても悲しいです。(Sさん

 青木先生に出会ってから、民舞の楽しさ、奥深さ、身体の使い方など、様々なことをたくさん教えていただきました💞なかなか褒めてもらえなくて、ふくれっ面してみたり😅小本で、衣川で、群馬で一緒にはしゃいだり、楽しい思い出がいっぱいです☺️毎月、遠路はるばる群馬まで電車に乗って、民舞指導に来てくださり。頭の下がる思いでした。間違いなく大往生ですよ💐『あっはっは🧝』って笑いながら、元気ハツラツお空に旅立たれるのでしょうね。安らかにお眠りください🙏ありがとうございました(Kさん)
 青木先生、本当にありがとうございました。凛としたお姿が目に浮かびます。どうか安らかにゆっくり休んで下さい(Hさん)
 連絡ありがとうございます。長く会えなかったですし、現実のことと受け入れられないというのが正直なところです。(Yさん)
 連絡ありがとうございます。1月の舞い初めでお会いした時、お元気だったので驚いています。お通夜に伺います。(Kさん)
 6年前に東大附属にゲストティーチャーとして半年間毎週2時間、さんさを教えていただいたのがお目にかかった最後となりました。お通夜に都合をつけたいと思います。(Aさん)
 おはようございます。 えっ👀⁉️青木先生があちらの世界に旅立ちましたか…あの時、鶴川小学校でお会いできてまだまだ私は若僧と思い自分の生き方を「目指せ青木先生!」になりました。お知らせありがとうございます。(Yさん)
 ご連絡ありがとうございます。青木先生、舞姿に味があり憧れでした…コロナ等落ち着いたらまたお会いしたいと思っていました。残念です。(Wさん)
 連絡等ありがとうございます。昨日は中野チャンプルーフェスタでした。あしびなーには、はるさんの祭壇が設けられていて、和光の何人かで中に入って踊ってきました。あしびなーの入り口には、はるさんと青木先生のツーショット写真が飾られていて、青木先生も一緒に中に入って踊ってきました。とってもいい笑顔の写真で、まさに、こんな顔でにこにこしながら見ているのかな、いや、踊っているかなと思いました。和光青年会一同、心を込めて踊らせていただきました。(Sさん)
 中野七頭舞を通して多くの仲間ができました。踊りや笛を褒めてくれました。こうして七頭舞を続けていれるのも、青木先生のおかげです。本当にありがとうございました。最後に会ったのは2020年12月民舞研の例会になってしまうとは、、、秋の講習会で会えるのを楽しみにしていました。ご冥福をお祈り致します。(中野七頭舞保存会Nさん)
 お会いしたことはございませんがお話しはたくさん聞いておりました。私達が七頭舞を踊れているのも先生のお陰と思っております。御冥福をお祈りします。 杜乃七頭舞
 ご無沙汰しております。青木先生ご逝去のお知らせ、ありがとうございます。今、大森は蛍の季節が終わりに近づき、トンボも飛びはじめ、蝉の声も聞こえてきています。あと何回お会いできるか、出来る限りお会いしたいと思い続けていましたので、残念な気持ちでいっぱいです。これまでのことを思いかえすと言葉では言い表わせないほどたくさんのことが思いだされます。いつもそこには真剣な眼差しと、温かな笑顔で迎え入れてくださる姿があります。私も生涯忘れることはありません。心よりご冥福をお祈りいたします。(大森神楽保存会Sさん)
 青木先生の笑顔と踊りが心に残ります。中野七頭舞、虎舞い、黒川さんさ、アイヌの踊り、現地でお会いしました。「今を大切に、そして全身をめざす心を大切に」青木先生のメッセージーを大事に受け止めます。ありがとうございました。青木先生がきっとそばで民舞研を見守ってくれると思います。ありがとうございました。(Kさん)
 いつも笑顔で、中野七頭舞を教えてくださる青木先生、つい先日も友人と青木先生の話をしたばかりでした。17日でした。今思うと、私たちの心の中に来てくださったのかと思います。青木先生のパワフルな生き方、これからも目標にして頑張ります。謹んでご冥福をお祈りいたします。川崎太鼓仲間。響さん